2007年05月28日

エコフィードって聞いたことある?

エコフィード??

エコフィードなんて言葉、実は私も今日はじめて聞いて、
早速農林水産省のホームページに行ってみました。

エコフィードというのは、どうも食料自給率に関係のある
言葉のようです。

農林水産省のホームページによると、現在の日本の食料自給率は
40%(カロリーベース)なのだそうです。

それで、この食料自給率を45%にしようという目標を
立てているようです。

日本で消費される食料なのに、60%が輸入というのは
食料自給率としてはとても高いとはいえませんよね。

家庭内での食べ残しはもちろん、コンビニで「消費期限」
という時間制限で捨てられているお弁当なども、
ぜんぶ「食料自給率」の計算にカウントされているのです。

だから、食べ残しや、企業で梅酒を作った後の梅などを
そのままポイっと捨てるのではなく、牛や豚などの
家畜のえさとして再利用しようというのが
エコフィードという事業なのだそうです。

エコフィードに興味を持っていただけた人もいるでしょうか。

もし、エコフィードや食料自給率についてもっと知りたい
と思ったら農林水産省のホームページを見てくださいね。

小中学生向けの説明もあり、(http://www.kanbou.maff.go.jp/www/jikyu/workjikyu01.html
けっこうわかりやすいです。

お母様方にはお料理の自給率を計算するソフトもありますよ。
(食料自給率早見ソフトという名前でした)

もう少ししたら、夏休みの自由研究にもいいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。